今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
カメラレンズの交換方法

カメラレンズの交換方法

カメラレンズ

技術の進歩と共に、多くの人が手軽に利用出来る様になった一眼レフカメラ。特に、デジタルカメラの進化によって、高性能なレンズカメラが安価に購入出来る様になりました。しかし、そのレンズにまで気を配る方は中々いらっしゃらないのではないでしょうか。折角一眼レフカメラを購入したのに、使っているレンズは最初から装着されていたものだったり、新しいレンズを購入しようと思っても、交換方法やレンズの保管方法で二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、一眼レフカメラを楽しむ為の必須アイテムでもあるカメラレンズの交換方法について、簡単にご説明いたします。

先ず、レンズ交換前の準備として、作業する場所をきちんと清掃しておきましょう。カメラレンズは非常に繊細な物で、埃やゴミがついてしまうと撮影した時に写り込んでしまいます。余計な物を片付けて、埃を拭きとっておくと良いでしょう。更にもう一つの準備として、ブロアーを用意しておきましょう。百均などにも売っていますが、前述のとおりカメラレンズは精密機器です。少し良いものを用意しておいても良いと思います。インターネット等で、持ち手が天然ゴム製で傷みにくい物が一つ3000円程で販売されています。

では、交換する準備が整ったらいよいよ作業の開始です。先ず、カメラについているレンズを取り外しましょう。此処でデジタルカメラを利用している方に注意して頂きたいのは、作業する時は必ずカメラの電源を切っておくということです。デジタルカメラの場合、レンズとカメラは電子回路で接続されているので、必ず電源を落とし、念の為バッテリーも抜いておくと確実です。

次に、取り付けるレンズを準備します。取り付けるレンズをテーブルに置く時は、必ずレンズが下になるように(カメラに取り付ける側が上になるように)置きましょう。こうして置けば、作業中に交換するレンズにゴミが付着する事を防ぐことが出来ます。また、レンズについているキャップも、カメラに装着するまでは外さない様に気をつけましょう。

最後に、カメラからレンズを取り外して新しいレンズを装着します。この時も、取り外したレンズが外気に触れる時間をなるべく短くするように心掛けましょう。事前に作業台を清掃していれば慌てる必要はありませんので、焦って落としてしまわないように、キャップをつけて保管用の場所にしまいましょう。また、レンズを取り付ける際には違和感が無いか。しっかり嵌った音がしたか等を確認しましょう。取り付け方を間違えてしまっても、慌てて取り外して壊してしまっては元も子もありません。慌てずにゆっくりと、作業を行いましょう。

最後になりますが、カメラレンズを交換する際に最も注意しなければいけないのは、レンズや本体にゴミや埃を付着させないことです。取り付け、取り外し方は付属のマニュアルを熟読すれば失敗する事はありませんが、精密機器であるカメラには僅かな埃やゴミが不具合の原因になりかねません。作業はなるべく室内で行い、どうしても外での作業になる時はなるべく落ち着いた環境で作業を行える場所を探す事が一番です。様々なレンズを用いてカメラの楽しみ方をより深める為にも、メンテナンスには充分留意するように心掛けましょう。