今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
カメラレンズの使用方法

カメラレンズの使用方法

カメラレンズ

ツイッターやインスタグラム等のSNSの発展により、多くの人がスマートフォンを利用して身近な風景を撮影する様になりました。かつて一世を風靡した使い捨てカメラも死語どころか見かける事すらなくなってしまい、写真を撮る=スマートフォンという時代になりつつあります。

しかし、そんな時代でもフィルムカメラやデジタルカメラを用いる人々は数多く存在します。特に、デジタルカメラはその手軽さとスマートフォン等との連携機能など、技術発展によってより簡単に、そして高画質な写真を撮影する事が出来る様になりました。今回は、デジタルカメラの中でも時に人気のある一眼レフカメラでの撮影を更に楽しくする「カメラレンズ」の使い方をご紹介したいと思います。

カメラレンズとは、基本的にズームの為に用いるものです。ズームによってカメラレンズの焦点距離が変化し、画面に写る範囲を広角にしたり望遠にすることが出来ます。レンズには焦点距離を示す数字が示されており、数字が小さくなるほど広角になり広い範囲を撮る事ができます。逆に数字が大きくなれば望遠になり、より遠くの物に焦点を当てて撮影することが可能です。示された数字が大きいレンズ(望遠用のレンズ)は必然的にレンズのサイズも大きくなる為、プロのカメラマンやマスコミ関係者が利用するカメラレンズはまるで大砲の様に巨大なサイズの物もあります。此の様に、撮影する場所や被写体に合わせて様々なレンズを交換し使用出来る事が、一眼レフカメラの最大の利点であり特徴であると言えるでしょう。

次に、ズームの機能について基本的な知識を理解しておきましょう。スマートフォン等でも利用する機能ではありますが、一眼レフカメラのズームとは対象に近付いたり遠ざけたりするだけではありません。焦点距離が変化する為、広角にすればレンズに写った物を小さくして広い範囲を撮影する事が出来ます。そして望遠にすれば遠くの物を大きくして狭い範囲を撮影する事が出来ます。従って、レンズの数字を小さくして広角で撮影すれば目的の被写体は小さくなりますが周囲の風景を撮影する事が出来ます。逆にレンズの数字を大きくして望遠で撮影すれば、目的の被写体は大きくなりますが周囲の風景は殆ど写りません。撮影したい被写体と目的に合わせて、ズーム機能を使い分けるようにしましょう。

ズーム機能の基本を理解した後は、軽い応用編としてズーム機能の面白さを知りましょう。例えば、本来は近くの物を撮影するのに不向きな広角レンズで被写体に近づいたらどの様な写真になるでしょうか。広角レンズは遠くの物を大きく、はっきりと写すレンズです。その為、広角レンズのまま被写体に近づいて撮影した場合、遠近感を強く押し出した写真を撮影することが出来ます。逆に、望遠レンズで被写体に接近して撮影した場合、望遠レンズ本来の機能が十全に活かされ被写体をアピールしたメリハリのある写真を撮ることが出来ます。

この様に、ズーム機能を活かして様々な角度、距離から撮影するのも一つの楽しみ方と技術であると言えるでしょう。

現在は、撮影した写真をその場で確認して何度でも撮り直す事が出来るようになりました。カメラ本体やレンズの技術も進歩し、安価な一眼レフデジタルカメラでも使用者の満足のいく写真を撮影することが可能です。その楽しみを知るために、先ずはカメラを持って色んな場所に出掛けてみましょう。季節や時間に囚われず、様々なシチュエーションでのカメラライフを是非お楽しみ下さい。