今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
カメラレンズの種類

カメラレンズの種類

カメラレンズの種類

カメラレンズの種類というと、多くの種類が存在すると思われている人もいますが、実際はそれほど多くありません。

一般的なカメラレンズでは標準ズームレンズというものがあります。こちらは、人の視界と同じような状況で被写体を捉えることができますので、目で見ながらにして撮影を可能とするレンズです。そのため、一般的なカメラレンズとして親しまれているレンズでもありま す。

焦点距離は18055mmとなっているため、個人が用いるカメラであっても焦点距離の微調整は難しくありません。

また、今では標準ズームレンズと同じように親しまれているものに、望遠ズームレンズというものもあります。こちらは、標準ズームレンズとは違い、遠くにあるものを撮影する際に使いやすいレンズです。用途は野鳥の撮影、運動会の撮影などと広範で使用されることの多いレンズでもあります。

焦点距離は700300mmとなっているため、標準ズームレンズに比べて望遠においてもピントが合うという特性があります。つまり、遠くを撮影する際にピントが合いやすいように調整されているレンズなのです。

そして、近年において人気の高まっているレンズに広角ズームレンズとい うものがあります。視野の広い状況で撮影を行えるレンズとなっているため、祭り、スポーツといった大勢の人が参加しているイベントなどで活躍しているレンズです。

たくさんの人をレンズに入れて撮影できる、もしくは全体をキレイに写し出せるということで人気が高まっています。

広角ズームレンズは、カメラによってはピンボケ写真になってしまうこともありますが、現代の技術ではピンボケ写真を補正する機能が搭載されているため、そのような心配も減ってきたというところも評価されています。

焦点距離は10035mmとなっているので、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズの機能を持っているレンズではなく、肉眼で捉えやすい範囲(近い範囲のみ)を撮影可能としているレンズです。< br>
レンズには、他にもマクロレンズ、単焦点レンズ、魚眼レンズなどがありますが、こちらは独特な機能を備えているレンズとして知られています。

マクロレンズは小さ過ぎるものを撮影する際、単焦点レンズは独特のピンボケを演出したい際に用いられているのです。魚眼レンズは一般的なレンズとは一線を画し、周囲を360度として写し出せるレンズとして有名です。魚眼レンズはカメラレンズだけでなく、ビデオカメラなどでも用いられるようになったため、今ではポピュラーなレンズの1つとして知名度を高めています。