今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
一眼デジカメブームでついコレクションしてしまったカメラレンズありませんか。

一眼デジカメブームでついコレクションしてしまったカメラレンズありませんか。

一眼デジカメブームでついコレクションしてしまったカメラレンズありませんか。

買取強化の対象となる一眼レフカメラのメーカーと製品について

一時期、「一眼デジカメブーム」による影響でコレクションしてしまったカメラやカメラレンズはございませんか?カメラレンズドットコムでは、宅配買取・出張買取・店舗買取といった方法で全国で対応しており、
不用になった一眼レフデジカメを出来る限り高い価格で買い取らせて頂いております。特に、下記のような商品とメーカーにおいては買取強化製品の対象となっています。

・キャノン

キャノンの一眼レフカメラの買取強化製品としては、EOS Kiss X7ダブルズームキットやEOS MarkⅡボディ、EOS6DボディやEOD 5D MarkⅡボディ、EOS 80Dボディなど、他にも数多く取り揃えているようですが、EOSシリーズの中では、人気のカメラメーカーと言われています。
特に、1987年ころ頃からEOSシリーズが発売され、一眼レフカメラとしては、とても人気の高いシリーズで有名です。

ニコン

ニコンには、D5500ダブルズームキットやD7200ボディ、D750 24-120VRレンズキット、D5300ダブルズームキット2、D750ボディ、D3300ダブルズームキット2、D500ボディ、D810ボディ、D610ボディなどが挙げられます。

ペンタックス

ペンタックスには、K-1ボディやK-3Ⅱボディ、K-S1 300Wズームキット、K-50ダブルズームキットなどが挙げられます。

その他

ニコンやキャノンやペンタックスなどの他に、オリンパスやソニー、富士フィルムやライカやシグマ、エプソンやケンコー、コシナやライカ、マミヤのデジタルカメラが買取強化対象のメーカーとして挙げられます。口コミでも、上記で挙げたような製品が高く買取って貰えたという評価を頂いております。

カメラを高く売る為には?

高く売る為のポイントとしては、消耗品や付属品と一式でセットでまとめて売るようにし、三脚やストロボや一眼レフカメラ用のレンズといった周辺の機器も一緒に出品すると買取額が高くつく可能性が高いと言えます。
そして、使用しなくなった製品は出来るだけ早く査定し、カメラの本体やレンズなど、外観に汚れや傷がないかをチェックして綺麗な状態にしておくことが大切です。
しかし、不具合の箇所や汚れや傷などがある場合でも査定スタッフにその辺りをお伝え頂くことにより、不具合とする箇所がどの程度なのかで査定額も決まっておきますので、その辺りも査定に出す際には視野に入れておくと良いでしょう。